人材管理システムにはデメリットもある!

セキュリティ対策への懸念と限定される活用シーン

人材管理システムを利用する上で最も注意しなくてはいけないのがセキュリティ対策です。多様化するサイバー犯罪に対するセキュリティの技術は向上していますが、それに伴ってサイバー攻撃の技術も常に進化を続けています。このように100%の安全が保証されない点がネットならではのデメリットの一つです。
人材管理システムの利用は、ネットに接続できることが大前提となります。インターネットは接続さえできれば地球上のどの場所でも利用できるのがメリットです。しかし、逆に言えば接続ができない所謂オフラインの環境では全く機能しないためこの点がデメリットになってしまいます。システムを運用中に災害や社内トラブルによる停電が起きた時も同様に使用不可となってしまうので注意が必要です。

費用を含めたコストが高くなりやすい

システムの活用における大きなデメリットの一つとして挙げられるのが費用です。利用するシステムによって費用は異なりますが、中には導入だけでも数十万円から数百万円といった多額の費用が掛かってしまう物もあります。高額な費用を支払う分機能性やサービスの面で他よりも優れているとはいえ、費用を抑えたい企業にとってこの点は大きなデメリットです。 導入後の運用コストも忘れてはいけません。人材管理システムに掛かる費用は導入時だけでなく、利用を続けて行く中でも発生します。導入をする前に基本的な電気代はもちろん、定期的なメンテナンスや万が一故障した時の修理費用といったランニングコストについてしっかりと考慮することが大切です。