使ってみよう!人材管理システムの概要

新入社員の研修や職場内でのフォローアップに利用できる

人材管理システムは、個々の社員の能力を最大限に発揮させるために役立つものとして、社員数が多い民間企業を中心に高く評価されています。人材管理システムの使い道は企業ごとに違いがありますが、最近では新入社員の研修や職場内でのフォローアップのために活用しようとする企業が増えています。例えば、日頃から人事部の社員が中心となり、人材管理システムの機能を利用して一人ひとりの新入社員の学歴や希望職種、保有資格などのデータを分析することで、効果的に研修のプランを考えることができます。また、新人研修の後にも継続して個々の社員の仕事ぶりを把握して、一人で基本的な業務をこなせるようになるまでサポートを行うことが重要です。

ベテラン社員の管理職登用の選考時にも便利

ベテラン社員を管理職に登用すべきかどうか判断に迷う場合には、人材管理システムの力を借りることで、様々な角度から管理職としての素質を確認することができます。特に、営業部や経理部など企業の将来を大きく左右する部署の管理職を選定するにあたっては、早い時期に高機能の人材管理システムの導入を考えることがおすすめです。また、ベテラン社員の人間性については、人材管理システムを使うだけでは十分に把握できないため、人事の担当者が定期的に面談を行ったり、日々の業務の合間にアンケートに答えてもらったりすることが大切です。その他、定期的に様々な業界で管理職登用の選考時に重宝されている人材管理システムの種類について調査しておきましょう。